別れて2ヶ月の男性心理とは?|元彼を忘れられないあなたへ

別れて2ヶ月の男性心理とは?|元彼を忘れられないあなたへ

あなたを振った側の元彼。

1か月経っても忘れられず、気づけば2ヶ月経ち、いま彼はなにを考えているのか。ついつい「自分と別れてから後悔してくれていればいいなあ」なんて考えたりしていませんか?

ここでこの記事ではあなたを振ってから2ヵ月の男性心理について詳しく解説していきます。また復縁できる可能性が高いパターンや、復縁するための方法についても紹介しています。

振られて2ヵ月経つけど元彼が忘れられない、そんなあなたに役立つ内容となっています。

目次

別れてから2ヶ月後の男性心理とは?

別れてから2ヶ月後の男性心理とは?

彼があなたを振った後の気持ちは人それぞれですが、男性心理を理解することは、彼と復縁する可能性を見つけ出す上で必要不可欠です。

別れた後の2ヶ月間という期間はどのような気持ちにさせるのか?その秘密について知っておきましょう。

①感情が落ち着き、過去を冷静に振り返る

この2ヶ月の間に感情が落ち着き、別れた理由や二人の関係について考える機会が増えてきます。

恋人との別れたばかり、あるいは1か月頃はまだ気持ちが落ち着いておらず、あなたへの印象や想い出なども鮮明に残っています。

しかし2ヶ月という時間が経つことでその感情も次第に沈静化し、過去の事象をより客観的な視点で見れるようになります。ただし完全にリセットされたわけではなく、徐々に落ち着いてきているというだけなので、安易に連絡をしたり、復縁を申し込んだりするのはまだやめておきましょう。

②寂しさを感じ始める

徐々に恋人がいないことへの寂しさを感じ始める時期です。

彼は別れた直後は自由になった解放感から、友達や他の女性と遊んだりすることもあるでしょう。あるいは遅くまで飲んだりすることもあるかもしれません。

でも時間が経つにつれて寂しさを感じるようなってきます。特にあなたと付き合った時間が長ければ長いほど、あなたの存在が大きくなり、いないことへの深い寂しさを感じ始めることでしょう。

その寂しさによってあなたのことを思い出せば、それは復縁する糸口になりえます。

③別れを後悔する

2ヶ月が過ぎた頃、彼はあなたへの未練を明確に認識するようになるかもしれません。

特に彼とあなたが喧嘩別れになったり、感情的になった勢いで別れを選んだなら、メンタルが安定してきた段階で後悔の念が湧き上がる可能性もあります。

別れとは往々にして勢いで成立することがあります。すべてのカップルが冷静に話し合って別れるわけではないからです。

もしあなたと別れたことを後悔し始めたようなら、それは日々の中であなたのことを考える時間が増えるでしょう。恋愛において相手に自分のことを考えさせることは重要ですから、復縁率が徐々に高まっていると言えます。

④復縁を考え始める

彼があなたの存在の重要性を再認識し、再びあなたとの関係を求めるようになることも十分考えられます。

特に、恋人との別れから2ヶ月経った頃は、気持ちが落ち着いてきて復縁の可能性について考え始める男性が多いといわれています。

もちろん復縁すると決めている訳ではありませんが、「ヨリを戻したいな…」という思いが頭をよぎっている時点で、それは彼の中であなたとやり直したいと気持ちが高まっていると言えるでしょう。

⑤新しい恋愛を望む

しかしながら、彼が新たな恋愛の可能性を探り始めるというパターンも完全には否定できません。特にあなたに対して気持ちが完全に冷めていたり、あなたの度重なるわがままにウンザリしていたなどのケースでは、冷却期間を置いても印象がリセットされないことがあります。

別れから2ヶ月が経過すると、あなたとの関係が完全に過去のものとなり、新たな人生のパートナーに心を開くこともあるでしょう。

その場合でも邪魔はせずに見守ることが大切です。新しいパートナーと結婚するとは限りませんから、彼と連絡が取れる機会を待ちましょう。

別れて2ヶ月で元彼から連絡が来た!|その理由とは


別れて2ヶ月で元彼から連絡が来た!|その理由とは
別れてから2ヶ月が経過した時点で元彼から連絡が来た場合、その背後には様々な心理的な要素が存在します。男性は感情を直接的に行動に反映させる傾向があります。そのため、あなたに対する興味や未練がある場合、SNSでの絡みや連絡を通じてそれを示す可能性があります。また、あなたが彼にプレゼントした服を着ていたり、共有した思い出の場所をSNSに投稿している場合も、あなたに対する気持ちが残っている証拠と言えるでしょう。

しかし、連絡が来たからと言ってすぐに復縁を迫るのは逆効果となることもあります。彼のリアクションを観察しながら、徐々に世間話に移行していくことが大切です。また、別れた原因があなたにある場合は、その部分を改善したことを彼にアピールすることも重要です。

別れて2ヶ月間連絡なし…復縁の可能性はある?

別れて2ヶ月間連絡なし…復縁の可能性はある?

別れてから2ヶ月間、元彼からの連絡がない場合でも、復縁の可能性はゼロではありません。男性は時間が経つことで冷静さを取り戻し、別れた理由やあなたへの感情を再評価することがあります。そのため、連絡がない期間が長くても必ずしも復縁の可能性がないとは限らないのです。

しかし、復縁を望むならば、あなたからのアクションも必要です。まずは何かしらの連絡すべき用件を作り、必要なことを伝えるところから始めてみてください。そして、彼の反応を見ながら徐々に会話を深めていくことが大切です。ただし、急に距離を詰めてしまうと引かれてしまう可能性もあるため、慎重に行動することが求められます。

別れて2ヶ月経つけど忘れられない…どうすればいい?

別れて2ヶ月経つけど忘れられない…どうすればいい?

別れて2ヶ月が経過しても、元恋人のことを忘れられなくて苦しんでいる方は多いです。そのような状況に対処するための具体的な方法をいくつか提案します。

①連絡先を消す

まず一つ目の方法は、元彼の連絡先を消すことです。

やはり連絡先を知っている、あるいはLINEの通知欄に彼のメッセージが残っている状態はどうしても気にするものです。

スマホの連絡先やSNSでの友人リストから削除することで、彼らに対する思い出や感情を切り離すことができます。これは、過去の恋愛に囚われることなく前に進むための重要な一歩となります。

それに連絡先を消したからといって絶縁する訳ではありません。もし友達関連で繋がっていて、連絡を取ろうとすれば取れる状態であればいいだけです。

②新たな恋愛をする

次に、新たな恋愛を始めることも一つの方法です。

元彼との復縁にこだわってしまう理由は、出会いが少ないです。

もちろん彼のようにときめいたり、ドキドキするような関係性を築ける人に出会える可能性は低いかもしれません。

でも彼を超えるほど好きになれるような男性に出会えることもかならずあります。

また新しいパートナーとの関係を築くことで、過去の恋愛からの回復を促進し、自分自身の成長を促すことができます。ただし、新しい恋愛を始めるためには、新しい異性やパートナーは元彼とは違う人間であることを認識するのが重要です。

③環境を変えてみる

また、環境を変えてみることも有効です。

新しい趣味を始めたり、新しい場所に引っ越したりすることで、新しい視点を得ることができます。もちろん環境を大きく変える必要はありませんし、小さなことから始めてもOKです。

服装を変えたり、髪型を変えたり、周りからのイメージを一新するだけでもガラリと生活が変わることがあります。

環境を変えることで、過去の恋愛に対する思い出や感情を一時的に消し去ることができるでしょう。

④復縁を考えてみる

最後に、復縁を考えてみることも一つの選択肢です。

しかし、復縁の選択をする前に、本当に元のパートナーと再び一緒になりたいのか、それともただ寂しさや慣れから来る感情なのかを深く考えることが必要です。

なぜなら単なる寂しさを埋めるための関係性では、彼に依存する状態から抜け出せなくなり、同じような結末になる可能性が高いからです。

彼から愛されるためには彼の気持ちを尊重し、また尊重してもらうことが大切です。しかし彼に依存した関係では、都合よく利用されたり、あるいはウンザリされてしまうことが多いです。

復縁するためには自立した付き合いができるようになることが大切です。

別れて2ヶ月の元彼と復縁する方法

別れて2ヶ月の元彼と復縁する方法
ここからは別れた元カレと復縁するための方法について書いていきます。どうすれば一度別れた彼の気持ちを取り戻し、もう一度やり直すことができるのか?について考えていきましょう。

①冷却期間を設ける

まず一つ目の方法は、冷却期間を設けることです。

なぜか?というと、あなたに対して積み重なったネガティブなイメージや思い出を払しょくするためです。

そもそもなぜ別れたのか?というと、マンネリ化したり、お互いへの不満が溜まったり、嫌な部分が我慢できなくなってきたからです。別れた直後は、まだお互いへのネガティブな記憶が消え去っていないため、仮に復縁しても同じ結果になります。

そのため、一度時間を置いて、感情が落ち着いた状態で再度関係を見直すことが大切です。

この期間は、自分自身の感情を整理する時間でもあると考えてください。別れた原因や、その後の自分の気持ちの変化をじっくりと見つめ直しましょう。そして、本当に元彼と復縁したいと思うのであれば、次のステップへ進むことができます。

②元彼からの連絡を待つ

冷却期間を終えたら、あとは元彼からの連絡を待つことです。

冷却期間を設けた後でも、あなたから積極的に連絡を取るのではなく、元彼からの連絡を待つことで、彼の気持ちを確認することができます。

もし彼から連絡が来たら、それはあなたを気にかけている証拠。その連絡をきっかけに、復縁に向けた話を進めていくことができます。仮に連絡が来なかったら、3ヶ月以上経って気持ちが落ち着いている状況なら連絡してみるのもありです。

ただし彼から復縁の意志は悟られないように、また長文などの重いラインにならないことを心がけましょう。

「久しぶりー!生きてますか?笑」くらいの軽いメッセージでも十分です。冗談が通じないタイプなら「お久しぶりです!元気ー?」あたりを送っておけば十分です。

久々の連絡に、彼も気になって返してくれるでしょう。

この時は彼に対して復縁のプレッシャーを与えたり、未練を感じさせるような内容はやめておきましょう。「どうしたの?」と聞かれても「いやふと気になってさ」くらいの軽い返事にしておけばOKです。

彼が気軽な気持ちで連絡できるような相手になることが理想です。安心してください、連絡が取れる応対になった時点で別れた直後よりもはるかに距離は縮まっています。

テクニック論的に言えば彼からの返信で終わらせる方が良いです。ついつい即レスで返信したくなりますが、彼の返信でストップさせたほうがこちらもいつでも返事ができるし、相手側にも考えさせる余白が与えられます。

恋愛においては相手に考えさせることが大切です。

あとは彼からの電話の誘いや食事など、徐々に仲が深まっていくまで慎重に、彼の立場を尊重しつつ負担にならない範囲で連絡を取りつづけましょう。

③新しい彼女がいたら、相談役になる

元彼が新しい彼女がいた場合、相談役になることが最も有効です。なぜなら最も距離を近づける口実として使えるからです。

新しい彼女がいる相手に対して「飲みに行こうよ!」と誘ったら、彼の立場を考えていないように見えますよね。でも彼からの相談で「ちょっと彼女のことで悩みがあってさ…」と言われて飲みに行く場合、彼の彼女の相談事なため、浮気とは取られません。

そして彼が新しい彼女について悩みを抱えていたとき、あなたがそっと寄り添い、アドバイスをすることで、彼の信頼を得ることができます。ここでは彼女との関係を引きはがすのではなく、むしろ関係を応援するようなスタンスを貫くのが有効です。

ここで今の彼女の関係を否定してしまうと「お前に何がわかるんだよ」と反発されてしまいます。でも彼女のことを一切否定せずに「今の彼女のこと、大好きなんでしょ?」と言われると「いやでもさー」と、不満を言いたくなるのです。

そしていつしか「この人はこんな親身に今の彼女の相談に乗ってくれるんだな。なんでこんな良い人と別れたんだろ?」と思いやすいからです。

そして、彼があなたの存在の大切さを再認識するきっかけにもなります。

元彼と復縁する上でしてはいけない行動

元彼と復縁する上でしてはいけない行動

元彼との復縁を望むあなたへ。しかし、その道のりは単純ではありません。

特に、あなたがとるべきでない行動について理解することが重要です。ここでは、「何度もしつこく連絡する」「こちらから復縁の話をする」「彼女のように接してしまう」の3つの行動について、それぞれなぜ避けるべきなのか、その理由と代替の行動について詳しく説明します。

①何度もしつこく連絡する

別れた後の感情はぐちゃぐちゃで混乱しており、元彼に何度も連絡をしたくなるかもしれません。

しかし、これは避けるべき行動です。

何度も連絡をすると、あなたが自分自身をコントロールできないという印象を与えてしまいます。また、元彼にとってもあなたからの連絡がストレスになり、復縁の可能性を下げてしまう可能性があります。

代わりに、自分の感情を整理し、冷静になる時間を持つことが重要です。恋愛において好きな人とお付き合いがしたいなら、冷静な自分としてふるまうことが重要です。

たとえ中身は感情的になっていても、彼の前では冷静なふりをすることが大切です。

②こちらから復縁の話をする

別れた後、すぐに復縁の話をするのも避けるべきです。

これは、あなたが元彼を必要としているという強いメッセージを送り、元彼にプレッシャーを与えてしまいます。

常に意識しておかなければいけないのは「男性は追いかけたい生き物」ということです。

また、元彼があなたとの関係を再評価する時間を奪ってしまう可能性もあります。代わりに、元彼との関係を自然に再構築するための時間を持つことをお勧めします。

③彼女のように接してしまう

別れた後も元彼に対して彼女のように接するのは避けるべきです。

これは、あなたが元彼に対して未練があるという印象を与え、元彼が新たな関係を築くのを阻害する可能性があります。

そもそも付き合っていないのに彼女ように接するということは、付き合っていなくてもよくない?と思わせる危険性があるのです。

そのために付き合っていない時期はあくまで友達として、カップルと同じような行動を取るのは避けるべきです。「彼女じゃないんだからね」とハッキリ伝えることも大切です。

別れて2ヶ月で復縁をしても良いパターン

別れて2ヶ月で復縁をしても良いパターン

逆に別れて2ヶ月目で復縁をしても良い、または悪くないパターンを紹介します。

①彼から復縁を持ちかけられた

別れて2ヶ月経った頃、彼から復縁を持ちかけられることがあります。

これは彼にとってあなたが大切な存在であることを再確認したということでもあります。ただし、その提案が本心であるかどうかを見極めることも重要です。

あなたを都合よく扱おうとしていたり、他好きや浮気などで失敗したからヨリを戻そうとしているなどの場合はハッキリと断る意志も必要です。

他好きや浮気をあっさり許してしまうと、また同じことを繰り返す可能性があるからです。彼の言動や態度から、彼があなたを本当に愛しているのか?一途に愛してくれるのかを判断しましょう。

②別れて寂しいと言われる

彼が「別れて寂しい」と言ってきた場合、これは彼があなたの存在を求めている証拠です。

彼があなたとの日々を思い出し、あなたの存在の大きさを再認識したのかもしれません。このような状況では、復縁の可能性は高いと言えます。

ただし寂しい理由も様々あります。たとえば他好きや浮気相手と失敗して一人になったから寂しいなどの理由は、単に都合がいいだけですよね。

もし彼の動向を知っている人がいるなら、それらを聞いておくのが良いでしょう。本当に彼が反省してヨリを戻そうとしているなら良いですが、都合よく扱おうとしているなら断る勇気も大切です。

③結局カップルみたいなことをしている

別れた後も2人で過ごす時間が多く、結局カップルのような関係を続けている場合、これは復縁の可能性が高いと言えます。

ただし、この状況では「友達以上恋人未満」の関係になりがちなので、あなたが彼との関係を明確にするためには、拒絶をしてみることも大切です。

「私達、付き合ってるわけじゃないんだよ」と伝えてみることで、彼からの本心を聞くきっかけになるかもしれません。

まとめ

まとめ。別れて2ヶ月の男性心理とは?
別れて2ヶ月後の彼の心理は、冷静さを取り戻し、寂しさを感じ、別れを後悔し、復縁を考え、新しい恋愛を望むという5つのステージに分けることができます。

これらの心理状態を理解することで、あなた自身の行動を見直し、復縁への道を探ることができるでしょう。

 

アナタにおすすめの記事

別れて2ヶ月の男性心理とは?|元彼を忘れられないあなたへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次