「嫌いになったわけじゃない」と振られた場合の冷却期間は?|復縁方法も解説

「嫌いになったわけじゃない」と振られた場合の冷却期間は?|復縁方法も解説


恋人に別れを切りだされた時に「嫌いになったわけじゃない」そのような言葉を言われた経験がある方は、意外に多いと思います。

ただ、そんな曖昧とも思われる言葉のせいで彼を引きずってしまったり…

「どうすればいいの?」、「復縁できるの?」なんて淡い期待を抱いてしまう方も多いはず。

いったい彼は何を考えているのでしょうか。

そこで今回は、「嫌いじゃないけど別れたい」そんな別れ方をした場合の冷却期間やアプローチ方法などを詳しく解説していきます。

目次

嫌いじゃない別れから復縁は可能?

嫌いじゃない別れから復縁は可能?

「嫌いになったわけじゃない」そんな言葉で終わりを迎えた恋。

できれば復縁したいところですよね。

復縁の可能性が高いケース

結論から言うと、復縁できるか否かはケースバイケース。

例えばこのような場合は、あなたに嫌な印象を持っていないので復縁できる可能性が高いです。

復縁の可能性が高いケース
  • 別れを告げられた時に困らせずに受け入れた
  • 笑顔で終わりを迎えた
  • 別れたあとも友人関係
  • 仕事が忙しいタイミングでの別れ

復縁の可能性が低いケース

しかし、以下のような場合…復縁できる可能性は残念ながら低いかもしれません。

復縁の可能性が低いケース
  • すでに彼女がいる
  • 「嫌いじゃない」というのは建前だった(穏便に終わらせたかった)
  • 実は浮気相手だった
  • 別れたあとも肉体関係を持っている

このようにすでに恋人やパートナーがいる場合、当然ながら復縁は難しいです。

また、男性はとにかく面倒なことを嫌う傾向があります。

そのため、建前として「嫌いではない」と言ったけれど本音は別れたくてたまらなかった…なんてことも。

「嫌いになったわけじゃない」と振られた彼と復縁する方法

「嫌いになったわけじゃない」と振られた彼と復縁する方法

「嫌いになったわけじゃない」というのが彼の本心だとしても、冷却期間中にやってはいけないことは多数あります。

以下に当てはまる行動はしていませんか?ぜひチェックしてみてください。

「嫌いになったわけじゃない」と振られた彼と復縁する方法
  1. むやみに会わない
  2. SNS含めパタリと存在を消す
  3. 一切連絡をしない
  4. 自分磨きをする
  5. 自分の気持ちを整理することも大切

当てはまることがあったら要注意です。

以下でさらに詳しく1つずつ解説していきます。

1.むやみに会わない

むやみに会ってしまっては、そもそも冷却期間の意味がありません。

大好きだからこそ「会いたい」とか焦る気持ちは分かりますが、別れてからもあなたの近況を知れるとなると「別に復縁しなくてもいいや」なんて気持ちになる男性も少なくありません。

男性は責任を負うことを敬遠しがち。

今のままでも楽しくあなたに会えるのであれば、友人として付き合い続けてなおかつ自分の自由も大切にしようとするのです。

2.SNS含めパタリと存在を消す

冷却期間中は会わないだけでなく、SNSからも存在を消しましょう。

今の時代は、いつどこにいても友人や元恋人などの情報をSNSで簡単に確認できます。

直接会わなくてもSNSで知ることができると「元気そうだな」とか「まだ俺を引きずっているのか」というようなことも伝わりかねません。

SNSを辞めるまではいかなくても、彼のアカウントだけは非公開で投稿するなどして、あなたの近況を知られないようにしましょう。

3.一切連絡をしない

LINEで連絡をするのも冷却期間中はNGです。

よくありがちなのが「返してほしいものがあるから…」という理由で連絡をしてしまうこと。

しかし、それは本当に必要なものでしょうか?

冷静に考えてみると「彼に会いたいから」とか「なんとかしてコンタクトを取りたい」という理由の場合がとても多いです。

また、男性は連絡がくると「まだ俺に未練があるのかも」なんて思い上がる傾向もあります。

復縁が相手主導にならないためにも、連絡したいという気持ちはグッと堪えましょう。

4.自分磨きをする

冷却期間中に筋トレやヨガ、ピラティスなど自分磨きに専念するのも1つの手です。

汗をかいたり美ボディを目指すのは気持ちいいことですし、なおかつ彼のことを考える時間も減るので一石二鳥。

また、筋トレやヨガなどは数ヶ月単位で効果が期待できたり、目にわかるようになるものです。

冷却期間は別れた状況や相手にもよりますが、平均的に数ヶ月。

まさに冷却期間のあいだにちょうどいいアクションなのです。

彼のことを考えずに自分磨きに没頭することは良いことづくめなのです。

5.自分の気持ちを整理することも大切

冷却期間のあいだに、自分としっかり向き合うことも大切です。

彼への気持ちは本当に未練なのでしょうか?「執着」ということはないですか?

振られたという苦しさや、突然の衝撃から彼に依存心のようなものを抱いているだけの可能性も十分にあります。

1度、冷却期間を使ってじっくり自分の気持ちや考えをまとめてみましょう。

そうすると実は「案外どうでもよかったかも」なんて結論に至ることもあります。

この時に友人など、客観的な意見を聞くこともおすすめです。

盲目にならずに冷静に、あなたと彼の関係性や今後向かうべき方向へ導いてくれるかもしれません。

「嫌いになったわけじゃない」と振られた場合の冷却期間は?

「嫌いになったわけじゃない」と振られた場合の冷却期間は?

「嫌いになったわけじゃない」と振られた場合の冷却期間も、通常と同じく1ヶ月〜3ヶ月程度が望ましいでしょう。

もちろん彼の性格や状況にもよりますが、平均的な期間となんら変わりありません。

その理由として挙げられるのが、彼の本心が分からないからです。

先ほどもお伝えしたように「嫌いになったわけじゃない」という言葉が本音なのか否か。

単なる仕事などの忙しさからの別れなのか、それともあなたへの不満が募っての別れなのか…

そこを見抜かなければ意味がないのです。

冷却期間中にありがちな男性心理5選

冷却期間中にありがちな男性心理5選

ここでは冷却期間中にありがちな男性心理をご紹介します。

冷却期間中にありがちな男性心理5選
  1. のびのび過ごしたい
  2. 開放的な気分
  3. 休みの過ごし方に悩む
  4. 寂しさが押し寄せてくる
  5. 別れたことを後悔している

このように冷却期間中の男性心理は変化していきます。

彼も同じく復縁を考えている場合は、数ヶ月をかけて1〜5へ向かって感情の変化が起こります。

しかし、復縁を考えていなかったり1人の楽しさを満喫し始めた時は、2でストップしてしまうことも。

1.のびのび過ごしたい

別れた直後の男性は、休日にデートもないので何時に起きてもいい…など心の余裕ができるのです。

家を出ずにサブスクで映画を見たり、早い時間から晩酌を楽しんだりと自由しかないのです。

もちろん1日中パジャマで寝癖だらけで過ごしても、部屋を散らかしても何も気にする必要がないのです(笑)

当然ながら、のびのびと過ごせるそんな生活を最初は「最高」だと思うことでしょう。

2.開放的な気分

1と似ているのですが、同時に男友達とも女性とも自由に遊べるのです。

家にいたければ家にいればいいし、外出も彼女とのデートや時間を気にせず行くことができます。

全て自分のスケジュール次第ということから、開放的な気分を味わえるのです。

男性は女性よりも精神年齢が低いと言われています。

そんな背景からも、特に人に干渉されない自由を好む傾向にあるのです。

3.休みの過ごし方に悩む

その一方で、そんな生活を一通り満喫すると次第に休日の過ごし方に悩む人も出てきます。

また、そもそも1と2を味わうことなく別れた途端に3に陥る男性もいます。

今まで休日は基本的に彼女とのデートに時間を費やしていた男性はなおさらです。

「休みっていったい何をすればいいんだっけ?」付き合いが長かった場合は特にそう思うようになるのです。

彼女と付き合うまでは当たり前に楽しんでいた休日…しかし、別れた今そんなルーティンがなくなることで、心にぽっかり穴があいてしまったり持て余してしまうのです。

「もう遊び疲れた」、「気になっていた映画も全て見終わってしまった」そんな些細なきっかけからも、あなたを思い出すことがあります。

4.寂しさが押し寄せてくる

休日を持て余したり、周囲の幸せそうな姿や話を聞くことで、徐々に彼にも寂しいという気持ちが押し寄せてきます。

「本当にこれで良かったのか?」そうやって自問自答するなんてことも。

別れた直後は女性のほうが寂しさや不安や孤独を感じがち。

しかし、男性はそんな女性が吹っ切れた頃に未練や寂しさを感じ始めるのです。

もちろん、このタイミングでまだあなたが未練がある場合…ここで連絡をしたりアクションを起こすのも1つの手です。

彼に連絡をしてみてすぐに返信がきたら、復縁はもう間近かもしれませんよ。

5.別れたことを後悔している

そして最後に、寂しさから後悔の念へと繋がるのです。

特に仕事が忙しかったとか、一時的な環境の変化によって別れを選んだ場合はなおさら。

例えば「彼女の小言に疲れた」などの場合でも、小言さえ懐かしく愛おしい…なんて思う男性も少なくありません。

そんな小言も全て自分のためを思って言ってくれていた…なんてことに気づくと、さらに後悔の気持ちが高まるのです。

このタイミングで、自ら女性にコンタクトをとってくる男性もいます。

別れて数ヶ月後に突然「元気してる?」なんて様子伺いのようなメッセージや電話がきたら、復縁の可能性はグッと高まります。

冷却期間中の相手の心理を知りたいなら

冷却期間中の相手の心理を知りたいなら

ここまで「嫌いじゃないけど別れたい」そうやって振った男性心理や冷却期間についてご紹介しました。

ただ、その彼の言葉の真意や復縁のタイミングなど…自分で全てアクションを起こしたり判断をするのはとても難しいところ。

せっかく復縁のチャンスがあったのに、タイミングを間違えたばかりにうまくいかなかった…そんなケースも実際のところ多数あります。

また、1人で復縁に向けて頑張り続けるのもなかなか孤独ですよね。

せっかくのあなたの笑顔が曇ってしまっては、叶うものも叶いません。

そうならないためにも、復縁は友人や占いなど客観的な視点での意見もとても必要となってきます。

特に占いでは復縁専門の「彼の気持ちを読み取るプロの鑑定師」が存在します。

復縁に強い占い師の先生方は彼の本音、そして現状を正確に読み取り、正しい行動の指針を示してくれます。興味がある方はぜひ以下の記事を読んでみてくださいね。

アナタにおすすめの記事

「嫌いになったわけじゃない」と振られた場合の冷却期間は?|復縁方法も解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次